読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HARUSAME blog

chinese.jimaku.chinese.jimaku.cooking.jimaku.chinese.dogs

新年…

f:id:fun-e:20170120135429j:plain

新年

 

明けまして…

と言うには遅すぎますが、本年初めての投稿です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

写真は今日の朝食です。

 

年末年始は案の定、仕事と来客で忙しく、このブログもイベントを告知するだけの掲示板と化していました。

 

皆さんにご迷惑をおかけしながらも、昨日の納品でようやくひと段落つきました。明日から通常のテンポで仕事ができそうです。来週あたりからぼちぼちブログの更新を再開できたらと思っています。

 

今日はお世話になっている建築設計会社さんの新年会に行ってきます。

私のために設定してくれたかのようなタイミングでの開催がありがたいです。

 

プレゼント交換を行うため、大掃除で発掘した「要らない物」を持ってきてくださいとのことなのですが、我が家の場合そもそも家に物が少なすぎて、人に差し上げられるような「要らない物」が見つかりませんでした。

 

 でもわざわざ買わなくてもいいという主催者の方のお計らいに甘え、買い置きしておいたカードケースに無印良品のお菓子やら綿棒やら、その辺のお店でもらったカードやらプチプチやらを詰めて、こんなのを作ってみました。

出席者が見たらネタバレですが、まず見ることはないと思うので、公開してしまいます。

 

f:id:fun-e:20170120135118j:plain

 

このケースは無印ぽく見えますが、楽天の雑貨屋さんの商品です。すっきりして見えてなかなか良いです。ケースは冷めた色みの白なので、木質の本棚よりもスチール製のラックなどが合うと思います。カードケースはオフホワイトです。若干色みが違うんですよね。

 

 komado ホワイト(8個セット)

 価格:1,200円
  (2017/1/21 09:48時点)
  感想(138件)

A4ブック型ケース(ホワイト)

価格:500円
(2017/1/21 10:01時点)
感想(275件)

建築士さんはシンプルで洗練されたものがお好きなので、プレゼントは白いもの、ガラス製のもの、ステンレス製のもの、革製のものが鉄板だと思います(笑)

 

ではでは行ってきます。

皆様よい週末を!

 

2017年1月9日(月・祭)世界舞踊祭に出演します

f:id:fun-e:20161215180424j:plain

2017年1月9日(月・祭) 世界舞踊祭

 【昼の部】 13:00開場、13:30開演 

東京・赤坂区民センター 区民ホール (港区赤坂4-18-13  3階)

チケット2000円

よろしくお願いします。

 

プログラムはこちら

1.バリ舞踊「バニャンブラマー」歓迎の踊り

2.スエーデン王国のニッケルハルパ演奏とダンス

3.中国民間舞踊「花鼓燈」

4.台湾原住民ダンス「九族文化村之歌」

5.ウイグル弦楽器「ギジェク」の曲芸弾き

6.チベット仏教(密教)のダライ・ラマ(ノーベル平和賞受賞)による灌頂の儀式と音楽・舞踊(スーパープレゼンテーション)

7.チュニジアとノーベル平和賞受賞(スピーチ)

8.タヒチ民族舞踊「アバリマ」「オテア」

9.モンゴル民族舞踊「鷹の舞」

10.チュニジア民族舞踊「メルゾーニ」「メギエス」

11.ヨーロッパの優雅な様式の舞踊「カドリール」ほか

12.ハワイアン・フラ

13.モダンダンス「朱縷衣」

14.ユネスコ・ダンス・カウンシルと世界大会(スピーチ)

15.日本の宮廷衣裳と皇太子妃雅子様婚礼衣装(スピーチ)

 

舞踊に興味がある人でもお腹いっぱいになります。興味があるのだけ見て、途中抜けるか寝たほうがいいかも。

 

16:30~の夜の部は、こちらのチラシ(PDF)をご覧ください。

https://www.city.minato.tokyo.jp/bungeishinkou/bunkageijyutsukatsudojyosei/h28nendo/documents/chirashi_sekaibuyousai20170109k.pdf

夜の部のチケットは持っておりませんので、チラシ記載の主催者へお問い合わせください。

 

出演作品について

 

私は3番目の演目に出ます。安徽省の漢族の民間舞踊です。発祥はローカルですが、知名度が高く、大みそかの番組でも毎年披露されます。

今回披露するのは国立舞踊団出身の先生の振り付け&演出です。先生のセンスなのか、日本人向けのアレンジなのかは分かりませんが、youtubeなどで見られる作品と比べるとせわしなさ40%減、かなり上品な部類に入ると思います。

 

 

2012年世界舞踊祭のダイジェストを見つけました

 

最後の曲で、背後中央にいる怪しいやつ(雲の役らしいです)が私です。

この作品はだいぶモダン寄りですね。

 

 

今回もこの時とほぼ同じメンバーです。

 

 

 

 

 

 

日中伝統楽器コンサート@池上本門寺

f:id:fun-e:20161122114047p:plain

f:id:fun-e:20161122113925p:plain

拡散OKとのことなので、こちらに載せておきます。

 

日時・会場

 

2016年12月18日(日)16:00~

日蓮宗大本山池上本門寺客殿にて 東京都大田区池上1-1-1

 

入場料は無料ですが、申し込みが必要です。

申し込み先:cctv@cctvdf.com

 

長い階段を登った上にある素敵なお寺です。

周辺の雰囲気もよく、以前本気で住みたいと思って部屋探しをしたことがあります。

 

由緒あるお寺で修行僧のお勤めを見学し、伝統楽器の演奏を鑑賞するという粋な企画。

しかも無料です。

 

  

進行予定表

 

16:00 夕勤 池上本門寺修行僧

17:00 コンサート

    三味線唄 民謡竹峰流宗家二代目 福島竹峰

    1.「常若」 鼓道(大鼓)、加藤俊彦(笛)

    2.「天山之春」 大倉正之助、章紅艶

    3.「乐舞图」 中国琵琶楽団

    4.「文殊獅子」大倉正之助、加藤俊彦(笛)、鼓道(太鼓)

    5.「西域流光」章紅艶、大倉正之助、宮本英喜(舞)

    6.「淮阴平楚」日中コラボレーション

18:00 終演予定

    

以下、チラシの資料から。

f:id:fun-e:20161122132927p:plain

 

出演者紹介

f:id:fun-e:20161122132941p:plain

 

 

 

f:id:fun-e:20161122132954p:plain

ご興味のある方はぜひ!

 

WASC(アメリカ教育認定機関)認定保障の中国語オンラインレッスン【SpeakMandari】 無料体験受付中!

 

文化省創設に向けて着々と歩みを進めている人たちがいるようです

f:id:fun-e:20161121222052j:plain

ずいぶん長いタイトルのイベントですが

 

友人が出演するというので、イベントの趣旨もよく分からないまま観に行きました。

 

第一部「宣言」で、文化芸術推進フォーラムと文化芸術振興議員連盟の立派な肩書をもつ方々が8人ほど順に登壇し、なぜ文化省創設を目指すのか、その趣旨をスピーチしました。

 

で、何を目指しているの? 

 

ところが聞いていると、1人目の登壇者が「日本はこんなに借金をたくさんつくって、子供たちに負の遺産を残してどうするのでしょう」と切り出し、文化芸術振興が借金の解消に一役買う的な展開にもっていくと思わせておいて、2人目以降の登壇者は「文化芸術にたくさんの予算をつけなければいけない」という話をし、それによってどんな好循環が生まれるのか、持続可能な提案なのか、何を目指しているのかイマイチつかめませんでした。

 

そのもやもやした疑問を、最後に登壇した浮島智子さんという衆議院議員さんが、濱田マリさんばりの見事な滑舌で、全部キレイに説明してくれました。

元バレリーナの議員さんだそうですが、こんなに声が通って滑舌のいいバレリーナがいるんだ、というのがまず第一の衝撃で、帰ってきてからyoutubeで動画を探してしまいました。

残念ながら早口の動画はなかったのですが、当日のスピーチと主張がかぶる演説があったので、載せておきます。2010年のものです。


【浮島とも子】街頭演説(天理市)2

 

文化芸術推進フォーラム・文化芸術振興議員連盟とは?

 

文化芸術推進フォーラムのHPはこちら。

賛同者の署名も集めているようです。

ac-forum.jp

情報をたどっていくと、既に文化芸術振興基本法を成立させ、

文化芸術振興基本法(平成十三年法律第百四十八号)(平成十三年十二月七日公布)|文化庁

補助金による芸術文化活動の助成を行っているようです。

芸術文化振興基金 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

 

こういった助成があるのはやはりありがたいですね。私の周りの芸術家さんたちは、経営にうとい浮世離れした人が多いので、助成があるのを知らないかもしれません。来年は募集が締め切られる前に教えてあげたいと思いました。

 

公演もありました

 

第二部、復興と未来をテーマにした芸術公演は、文句なく素晴らしかったです。

日本オーケストラ連盟有志とソプラノ歌手の幸田浩子さんによるコンサート、

文学座とピアニスト横山幸雄さんによる朗読劇、

モダンダンス「プロメテの火」。

(能「高砂」もありましたが、爆睡してしまいました。。)

これだけ堪能して1,500円。

文化省創設が実現するまで毎年こんなにお得な公演が観られるのでしょうか?

文化省が創設されたらもっと気軽に芸術に親しめるようになるのでしょうか??

 

次なる活動に注目していきたいです。 

 

大掃除中盤、本日はDIYデー

f:id:fun-e:20161117234640j:plain

 大掃除について

 

毎年、大掃除は11月中に済ませることにしています。

だって、12月は忙しいし寒い。

ベランダ掃除や窓掃除、窓を開け放ってのハタキがけやワックスがけなんて、どう考えても12月にやるべきものではないですよね。手も荒れるし。

 

今日は大掃除の段取り( ↓ )のうち、2まで進みました。

1.断捨離

2.DIY、レイアウト変更

3.掃除

 

今年は特に順調です。

なぜかと言いますと、宅建の試験勉強中だった9月に、例の「試験前になると無性に片付けがしたくなる現象」(セルフ・ハンディキャッピング)が発生(発症?)しまして、勉強を一時中断し断捨離とレイアウト変更の一部を断行したからです。

 

不思議ですよね。

仕事がどんなに忙しくても無性に片付けがしたくなることはないし、試験勉強中に掃除片付け以外のことを無性にしたくなることはありません。

なぜ試験勉強と掃除片付けの組み合わせなのでしょう。

 

しかも試験勉強中は、普段気にならない動線の合理性とか、色の氾濫、ストックの合理性などがこれまた無性に気になり始め、結果として自分でも驚くような合理的なレイアウトを思いつくのですよね。

脳の普段使わない部分が活性化されるからでしょうか。

 

「セルフ・ハンディキャッピング」についての紹介を掲載しているサイトを見ると、いかにしてその邪念を打ち消すかの対策が書かれているのですが、むしろ、この現象を利用することを考えたほうが健全ですし、自分の潜在能力を引き出せるかも、と思いました。

 

片付けができなくて悩んでいる人、いつも正月が明けてから大掃除をしている人は、掃除片付けを完了したい日の1~2カ月前に実施される試験にエントリーしてみると、早めに着手できるかも。勉強もできるし一石二鳥。

 

苔について

 

今日はスタンディングデスクをDIYして、壁面のレイアウトを変更して、苔を植え付けました。

 

トップの写真は植え付け直後の苔です。ガラスの器は元同僚の引っ越しを手伝ってお駄賃代わりにもらってきたもの、両側のは百均で買ったものです。

苔は山苔(ホソバオキナゴケ)、密度の高いもこもことしたコロニーを形成するのが特徴です。その美しい起伏と毛並みを際立たせるため、他の植物やフィギュアなどを一切入れず単植にしました。

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも気持ちよさそうだったので

f:id:fun-e:20161112125407j:plain

 

思わず撮ってしまいました。

 

我が家で唯一、通路で寝る犬です。

脳に障がいがあり、ケージに入れるとパニックを起こします。

なので、この子だけ放し飼い。

 

f:id:fun-e:20161112125431j:plain

あ、名前はゆりです。

よろしくね。

 

 

かわいい盲導犬チャリティーグッズ!収益金の10%が盲導犬育成事業のサポートに役立てられます。

2016年11月29日(火)第26回JTF翻訳祭

f:id:fun-e:20161110212725j:plain

 

今年初めて参加します。

 

プログラムはこちら

 

https://www.jtf.jp/festival/festival_program.do

6会場×4セッション=24の講座を一日でやってしまおうという、

「祭」の名に恥じない盛大なイベント!のようです。

(すみません、行ったことがないので責任は持てません)

 

今年は翻訳者向けの講座を増やして皆様のご参加をお待ち申し上げているとのこと。

ボランティアで参加すると、無料聴講などの特典があるようですよ。

ボランティア募集要項はこちら

https://www.jtf.jp/jp/festival/pdf/volunteer.pdf

 

我々の業務に直結しそうなのはこのあたりでしょうか。

【対談/座談】

翻訳とはなにか~足元を見直そう~

【講演】

映像翻訳ライブレッスン~吹替・字幕のセリフ作り、すべて見せます~

【講演】

誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える

【講演】

大学における通訳者養成:理論と実践

 

でも個人的には、日頃あまり縁のないジャンルの話を聴きたいなあと思っています。

【パネルディスカッション】

いまさら聞けない機械翻訳の基礎~その方式から有効な利用法まで~

【パネルディスカッション】

場外乱闘の翻訳支援ツール対決!

    ~そこまで言っていいんですか?ここでしか聞けない業界裏話

【講演】

世界が見る翻訳の品質、日本が見る翻訳の品質

【対談/座談】

BBCエディターに聞く報道の現場と翻訳・通訳

 

同じ時間帯に3つも4つも聴きたい講座が重なっていて悩ましい限りですが。

それだけ充実しているということですね。

 

平日ですが、お出かけになってみてはいかがでしょうか?