HARUSAME blog

chinese.jimaku.chinese.jimaku.cooking.jimaku.chinese.dogs

宅建士試験の自己採点結果

f:id:fun-e:20161108145151j:plain

 

宅建士試験って

 

すごいですね、宅建士試験。毎年全国で20万人もの人が受験するマンモス試験だそうで。予備校がたくさんあって、カリスマ講師の先生もたくさんいて、youtubeには無料の動画講座がたくさんあり…

これでもかというほど学習教材が充実し、情報もあふれています。

 

私は法律関係の資格試験が初めてだったので、講義を聴かなければ理解できないだろうと思い、クレアールから配信される氷見先生の講座を受講しました。

決め手はサンプル講義の説明が分かりやすかったこと、動画講義の速度を1.25倍、1.5倍、2.0倍に調節できること、講義の音源をMP3でダウンロードできること、コスパがよいことです。

テキストも先生の著書を使用。ゴロ合わせにはずいぶん助けられました。

楽学宅建士基本書〈平成28年版〉

楽学宅建士基本書〈平成28年版〉

 

サンプル講義はクレアールのHPから視聴できます( ↓ )

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

 

で、結果は…

 

10月16日(日)に試験がありまして、合格発表は11月末。

それまで合否は不明なのかと思いきや、試験日の夕方には予備校や新聞社から解答速報が出されます。大学入試センター試験みたいですね。その後、予備校各校から「今年の合格ライン予想」が次々と発表され、これを集計してくれる親切なサイトまであります( ↓ ) 

宅建解答速報2016合格ラインと合格点-平成28年の最新予想発表

 

これによると、今年の試験問題は例年よりも易しく(私にとっては難しかったですが…)、合格ラインは33点~37点の間だそうです。

 

私の自己採点結果は33点。

 

運が良ければ受かるかもしれませんが、こんなに未習分野が多くて受かってしまったら逆に怖いかも…

 

昨日、試験問題の分析動画を視聴しましたが、試験前に詰め込んだだけの短期記憶が既に消滅していまして、なぜ当日は解けたのかすら分からない(涙)。

氷見先生の講義の音源をダウンロードしてあるので、これを聴きながらもう1年勉強して定着させてもいいかなと。

 

民法大改正案が審議を通過して、2018年~2020年あたり?に施行されると、せっかく覚えた内容を改正に合わせて上書きしなければならないので、それまでには合格したいです。

 

独特のアクセントが親しみやすい氷見先生 

2016年宅建士試験分析会動画(前半)


2016年宅建士試験分析会動画(後半)

 

統計はみやざき先生の動画にお世話になりました。覚えやすかったです。

しかもカワイイ。

宅建統計2016 宅建みやざき塾 統計の攻略! ※ズバリ的中!