HARUSAME blog

chinese.jimaku.chinese.jimaku.cooking.jimaku.chinese.dogs

ストレートネックとパソコンワーク

f:id:fun-e:20170917123809j:plain

4か月ぶりの投稿です。

 

体調に異変が起こったため、4か月前からパソコンワークをセーブしています。本当は東北旅行写真も3本目まで投稿するつもりだったのですが、体調が回復しないままタイミングを逃しました。まあ、たいした写真ではないので、封印しておきましょう…。

 

今日は4か月前の体験を紹介し、体に負担のかかるデスクワークとどう向き合うかということを考えてみたいと思います。

 

 4か月前

 

東北旅行から戻った直後、視神経と三叉神経の過敏症らしき症状が出始めました。具体的には、太陽光・蛍光灯・液晶ディスプレイを問わず光に過敏になり、すぐに目がチカチカしてくる、左頬がしびれる、といった症状です。

 

特に頬のしびれが悪化したらと思うと怖かったので、すぐに脳神経内科に行きました。問診後、脳のMRIと首のレントゲンを撮り、医師の所見を聞きました。(首のレントゲンはなぜか奇妙な前傾姿勢で撮影されました)

 

医師「脳のMRIからは異常は見つかりませんでした」

  「三叉神経の根元の部分を血管が圧迫している可能性も否定できませんが、

   この検査では判断できません。どうしても調べたければまた次の機会に」

 

私「ではしびれの原因として現時点で考えられるのは…?」

 

医師「首のレントゲンを見てください。真っ直ぐでしょう?」

  「あなたストレートネックですよ!」(なぜかドヤ顔)

  「肩凝ってるでしょう?」

 

私「今は凝っていません。最近は仕事を抑えているので。」

 「三叉神経は脳から出ているのに、肩の凝りの影響を受けるのですか??」

 

医師「同じ症状の人に肩こりの人が多いんです!」(ドヤ顔)

  「あなたピンとこないみたいだけど、姿勢が悪いから首の後ろが張るんです!」

  「まあ、しばらくしたら治るから、そうしたら『あの医者が正しかった』と

   思いなさい。」

  「2~3か月たっても治らなかったら、また来てよ、ね」

 

私「はい…」

 

と追い返されたわけですが、4か月たっても治りません…。

 

ストレートネック

 

頸椎の生理的湾曲がなくなった状態をストレートネックといい、近年はメディアにも頻繁に取り上げられています。現代人にストレートネックが多い主な原因として、パソコンやスマホの長時間使用が挙げられるため、「スマホ首」とも呼ばれるそうです。

 

そして、調べたところ、ストレートネックにより頸部の刺激が三叉神経に伝わり、過敏を引き起こすことは解剖学的にあり得るようです。

脳幹の”三叉神経尾側核”の解剖学的所見から |「頭医者のつぶやき」

 

私は確かにストレートネックです。

それも、小学生のころからです。

もちろん、スマホなんてありませんでしたから、「スマホ首」ではありません。

 

私の場合は骨格の形成期からクラッシックバレエを習い姿勢矯正をしていたことによるもので、ダンサーにはよく見られる「平背型」のストレートネックです。このタイプは、トレーニングを続けることで上手に付き合っていくことが可能、と多くの整体師さんが述べておられます。

(ほかに「猫背型」というのがあります)

 

実際、私は何十年もこの首と付き合ってきましたし、身の回りの物や配置を工夫(詳しくは今度また書きます)することで1日平均10時間のパソコンワークも肩凝り知らずでこなしてきました。

 

ただ、やはり1日10時間超、目と脳を酷使するのは問題かなと自分でも感じますので、今は1日6時間ほどに抑えています。それでも目がチカチカしてかなわないので、休み休みやっています。かなり作業効率は悪いです。

 

まあでも、日常生活に支障があるわけではありませんし、翻訳の作業は最小限に抑えて出稼ぎ(通訳)に出ればいいだけの話ですから、このまま経過観察でいいかなと思っています。

そんなわけで、近頃また少し、外出する仕事を増やしました。その話もまた今度…

 

ではでは

 

東北旅行写真2(とおの)

f:id:fun-e:20170509221028j:plain

 撮影地:とおの物語の館 柳田國男展示館

 柳田國男さんが『遠野物語』に収めた昔話は百余りですが、遠野には800を超える昔話があるそうです。地元の人によると、特にカッパ淵あたりは山からの話と海からの話が「たまり易い」のだとか。

f:id:fun-e:20170509221331j:plain

f:id:fun-e:20170509221305j:plain

 

 

f:id:fun-e:20170509222538j:plain

撮影地:遠野市まちなか

 

f:id:fun-e:20170509222558j:plain

撮影地:遠野市まちなか

電気工業組合の前になぜか理髪店のサインポールが。

 

f:id:fun-e:20170509222643j:plain

撮影地:遠野市 蔵の道ひろば(写真の奥がひろばです)

 

f:id:fun-e:20170509222658j:plain

撮影地:とおの物語の館の脇を流れる来内川

写真では伝わりませんが、せせらぎの音が耳に心地よいです。

 

f:id:fun-e:20170509222738j:plain

撮影地:遠野の水田地帯

水路からもせせらぎの音が聞こえます。

f:id:fun-e:20170509221621j:plain

ぶっちゃけ、景色は釜石線からの眺めが最高でした(車窓の写真は撮り忘れました)。まさに「日本人の心の中にある原風景」そのもの。でも駅を降りてしまうと意外と現代的というか…。

山奥の盆地なのに意外と人口が多く、若い人もそこそこいて、観光客が来なくても経済が成り立っているように見えました。背景が山ということを除けば、うちの近所と大差ないエリアもありました。

決定的に違うのは、やはり静けさでしょうか。どこに行っても、耳鳴りがしそうなくらい静かでした。こういう環境から物語が生まれるのだろうなぁと思いました。

 

f:id:fun-e:20170509221156j:plain

撮影地:遠野市内を流れる早瀬川の土手

家の建て方を見ると、氾濫しない川のようです。

f:id:fun-e:20170509222618j:plain

ほら、こんなに無防備。

 

f:id:fun-e:20170509222802j:plain

撮影地:遠野市 蔵の道ひろば

遠野に入ってから知ったのですが、この日は「遠野さくらまつり」初日でした。

午前10時、南部氏遠野入部行列に参加する従者たちが集まってきたところをパチリ。

 

地元の人のお話によると、約380年前に八戸から遠野へ国替えを命ぜられた八戸南部氏の入部の様子を再現するため、今でも本当に八戸から出発し、さくらまつりの前日に遠野入りするとか。もちろん、今では途中で車を使ったりするそうですが。

 

f:id:fun-e:20170509222918j:plain

撮影地:遠野市まちなか商店街

南部神社の神輿渡御の様子です。少なくとも2つの組(私が見たのはしし踊りの組と、カオナシの組)が、1軒1軒商家を回り、舞を舞っていました。神輿が去った後の店先には、紙垂のついた縄がかけられ、テーブルに御神酒が供えられます。

 

「遠野さくらまつり」のチラシにはないプログラムで、ほとんどギャラリーがいない中、律儀に1軒1軒回る姿が印象的でした。商家が多い町なので、かなり長丁場のお勤めだったようです。

f:id:fun-e:20170509222948j:plain

撮影地:遠野市まちなかの隙間空間に鎮座する神社。

誰もいないのに生き物の気配がします。

 

f:id:fun-e:20170509223016j:plain

逆光が強かったので盛大にゴーストが発生してしまいました。本来なら失敗作なのですが、遠野の神秘的な雰囲気にマッチしているということにして、載せてみました。

 

使用したレンズとカメラはこちらです。小荷物派なので万能レンズを1つだけ。

 

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637

 

 

東北旅行写真1(かくのだて)

f:id:fun-e:20170508233554j:plain

撮影地:角館の武家屋敷(何家だったか忘れてしまいました)

 

4月下旬、SNS等で「#東北で良かった」の投稿が盛んに行われていた頃、東北を旅してきました。旅行というよりはノマドの延長に近く、仕事を抱えながらの旅だったのですが、滞在期間の半分ほどを散策に割くことができました。

最近また新しいことを始めてしまい、なかなか文章を書く時間が取れないので、とりあえず写真だけアップします。

 

f:id:fun-e:20170508234834j:plain

撮影地:角館 田町家武家屋敷ホテル

ノマドにはお勧めできません。ゴハンおいしすぎ、床暖気持ちよすぎて眠気に襲われます。座椅子で長時間仕事するのもつらかったです。

 

f:id:fun-e:20170508234415j:plain

撮影地:角館の観光客がまばらな住宅地

 

f:id:fun-e:20170508234314j:plain

撮影地:角館伝承院前

  

f:id:fun-e:20170508233830j:plain

撮影地:角館伝承院前

 

f:id:fun-e:20170508233849j:plain

撮影地:角館武家屋敷(松本家)

 

f:id:fun-e:20170508234557j:plain

撮影地:角館武家屋敷(旧石黒家)

小学2年生の女の子が、美しいお作法で抹茶を出してくれました。

 

f:id:fun-e:20170508234004j:plain

撮影地:角館の住宅地

映画のロケ地に使えそうな、いい味の建物がゴロゴロありました。

 

 

全部こちらのレンズ1つで撮っています。

 広角で明るい単焦点。

人物や犬を撮ったときの繊細な描写ととろけるようなボケにうっとりします。

 

カメラはこちら。頑丈な中級機。もちろんどちらも中古で買いました。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637

 

 

 

 

ブログを断捨離したい衝動にかられ、記事の3分の1を削除しました

f:id:fun-e:20170224003411j:plain

 

3歩進んで1歩下がりました

もともと30本ほどしか投稿していなかったのですが、思い切って10本を削除しました。

そのうち数本はブログ開設初期に内輪に向けて書いたもので、当時は役に立ってくれたとは思いますが、今このブログ上に存在すべきではないと判断しました。過去の翻訳者募集記事なども削除しました。

 

字幕翻訳関連の記事を整理しました

 

以下の5本のみを残し、すっきり。

一部加筆修正しながら久しぶりに読み返しました。懐かしい。

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

こう見ると、すごく一貫性ある人間みたいじゃないですか?(笑)

在宅ワーカー的花粉症対策

f:id:fun-e:20170207234258j:plain

 

先日、3歳になる姪がどうやら花粉症らしく、乳酸菌サプリを摂らせているという話を妹から聞き、気づきました。

 

そういえば私、

 

今年に入ってから一度もくしゃみが出ていません。

 

こんなことは初めてです。

例年だと1月から花粉症の症状が出始めるのに。

2月ともなれば起き抜けから昼ごろまで、大音量のくしゃみが止まらないのに。

 

関東の飛散は例年より遅めということらしいですが、周りの人はすでに症状が出始めているところを見ると、自分は軽症化したんじゃないかと思います。

昨秋のブタクサ花粉症も軽かったですし。

 

そもそも在宅ワークで外出が少ないのに、花粉症の症状が出るってどういうこと?って話ですが、私のアレルギー性鼻炎って、

屋内にいると立て続けにくしゃみが出て、屋外に出るとピタリと止まる、というのがいつものパターンだったんです。

 

それ、ハウスダストでしょ?とよく言われます。

そうかもしれません。否定はしません。

でも花粉の季節のみに発症するので、花粉が誘因であることは間違いなさそうです。

 

花粉症対策といえば…の乳酸菌ですが、私には効果が感じられませんでした。生まれてこのかた便秘というものをしたことがありませんし、もともと腸内環境は良好だったのかなと思います。

 

 

アプローチすべきは腸ではなかった。

 

腸じゃなければどこなのか?

 

 

あれこれ別の対策を試し、劇的な効果を感じたのは下記の1番。

2と3も開始した時期などから考えて、軽症化に貢献してくれているような気がします。

 

 

現在実践中の花粉症対策

 

1.乾いた服は極力触らずにクローゼットへ。

 服は裏返した状態で洗い、濡れているうちに表に返してハンガーにかけ乾かす。

 トップスだけでなく、ボトムスも洗濯ばさみつきハンガーに干す。

   (こういうやつです ↓)

    マワ すべり落ちない MAWAハンガー スカート ズボン用 クリップ 2本組 子供用 MA5031-2

 乾いたら服をかけたままハンガーを竿から外し、クローゼットに直行してポールにかける。

 下着類も洗濯ばさみから外したら、クローゼットに直行し、しまう。

 ポイントは、「洗濯物を床にどさっと置いて畳む」という工程をカットすること。

 埃がたたないし、家事を1つ減らせます。

 また、吊るしの服をかけるスペースは限りがあるため、服を減らさざるを得なくなり、クローゼットの中身が厳選されます。

  

 

2.パソコンワークは立ってする。

 以前お世話になっていた腕のいい整体師さんも言っていました。

 花粉症は首のズレを直すと軽症化する、と。

 

 首の後ろを温めると鼻が通ったりすることからも、首から上にだけ症状が出ることからも、なんとなく関係があるのだろうなぁということは想像つきます。

    私はパソコンワークによる頸椎の痛みに悩まされていましたが、

 立って仕事をするようになって劇的に改善しました。

 その際のポイントは、パソコンのモニターとキーボードの高さを、

 それぞれ自分の目と肘からやや低い位置に微調整することです。

 

 モニターの微調整は何かに載せれば解決しますが、キーボードの高さを合わせるには、机の高さ自体を調整するしかなく、最終的にデスクをDIYしました。

    

 私はノートパソコンしか持っていないので、モニターの高さ調整には市販のパソコンスタンドを愛用しています。これがないと首が痛くてたまりません。 

 (こういうやつです ↓ ) 

 モニターはできるだけ目から離れた位置に置きたいので、スタンドを極限まで奥に押しやって使っています。どのくらい極限かというと、スタンドの後ろ半分がデスクからはみ出て、中空に浮いているくらいです。スタンドの天板を傾斜させ、重心を手前にかけておくと安定します。

 

 

 

3.定期的に歯医者で歯のクリーニングをする。

 歯周病は万病のもと、と言われます。

 医学的な裏付けがあるかどうかは知りませんが、歯のクリーニングを始めてから

 アレルギーが改善した気がします。

 2年以上風邪一つひいていませんし。

  善玉菌を摂取するのも良いですが、毒を体内に入れないことが大事なのかなと。

 

 もちろん毎日の歯磨きも大事。

 私は電動ハブラシが面倒に感じるので、

 小さいヘッドの歯ブラシ、ワンタフト(奥歯用)、フロス(歯間用)の3点セット派です。

 使い方にコツがあるので、最初は歯医者さんに習うのがいいです。

 

 

ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10

ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10

 

 

同じ悩みを持つ誰かのお役に立てば幸いです。

 

翻訳祭レポートあれこれ

f:id:fun-e:20170202193051j:plain

JTF翻訳祭

 

chinese-jimaku.hatenablog.com

 

2カ月前の話ですが、宣言どおり翻訳祭に参加してきました。

この2カ月間は仕事の大波に溺れそうになっていまして、レポートを書く時間がなかったのですが、Twitterで流れてくる参加者の方々のレポートはチェックしていました。

 

その中で、一緒にお仕事をしている皆さんにシェアしたいと思ったものを、この場に貼らせていただきます。手抜きですみません。。

 

参加者のレポート 

 

 翻訳とは何か~足元を見直そう

屋根裏通信 2016年12月01日

 

誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

→ 屋根裏通信 2016年12月03日

これは今すぐ私たちの実務に取り入れることができると思います。チェックしているつもりなのにミスが減らない方にはぜひ読んでいただきたい。

 

実況、翻訳記者のトライアル採点

翻訳祭:感想 (5)|翻訳者の卵からは脱却~フリーランスをめざして~

 

 

もっと読みたい方はこちら。レポート一覧が載っています。

翻訳祭の初参加・初登壇を終えて | Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳

 

雑感

 

他の人が書いていることを繰り返しても意味がないので、個人的な雑感と補足をいくつか…

 

参加費のモトを取ろうとすると、どうしても有料のセッションにばかり足が向いてしまいますが、入場無料の翻訳プラザにふらっと寄ってみたら、なかなか面白かったです。

「翻訳支援ツールって何?」という人は、いきなりセッションを聴講せず、ここでまずデモンストレーションを見てみると分かりやすいと思います。その上で聴講するかどうかを判断すれば、悔いのない選択ができるかも?

 

登録翻訳者を募集している翻訳会社、各種養成講座の案内を配布している語学学校もありました。情報だけならネットでも手に入りますが、せっかくなので企業の方にお話を聞いてみるとよいのではないでしょうか。

 

個人的には機械翻訳の株式会社十印さんから伺った文法解析の話が好物でした。なんと和服でいらしていました。気合いが違う!

 

聴講した中で印象深かった点を一つだけ挙げると、「実況、翻訳会社のトライアル採点」でトライアル受験者に報酬を払う会社があることに衝撃を受けました。「翻訳作業をお願いするからには少額ですがお支払いしています」とお話になった(株)ワードトラスト代表の方がホワイトすぎて眩しかったです。

映像翻訳業界では高額な受験料を取る会社もあるので(そういう会社は社員に対してホワイトなのかもしれませんが)、司会者の方が「トライアルは有償か無償か」と問いかけた時、てっきり「受験は有料か無料か」だと思い、しばらく話についていけませんでした。

ちなみに(株)ワードトラストさんは金融の翻訳(英語)がご専門だそうです。我こそはと思う方は応募してみては?

なんて無責任なことを言ってみたり(笑)。

  

翻訳事典2018年度版 (アルク地球人ムック)

翻訳事典2018年度版 (アルク地球人ムック)

 

 

【JR東日本の車内に忘れ物】発見率を上げる方法を考えてみました

f:id:fun-e:20170127173930j:plain

 

5日前に宇都宮線小金井行きの車内に忘れ物をしました。

問い合わせセンターに3回電話をし、今日3回目の電話でようやく見つけてもらえました。思ったとおり、終着駅まで運ばれていました。

「今日の18時が保管期限」と聞き、急遽予定を変更して取りに行ってきました。

 

保管期限ぎりぎりで無事に取り戻すことができたわけですが、なぜ先の2回の問い合わせでは見つからなかったのでしょうか。

3回の電話問い合わせと遺失物引き渡し所でのやりとりをヒントに、発見率の上がる問い合わせの方法について考えてみました。

 

忘れた物

グレーの紙袋に物が2つ入っています。

実はこの紙袋、その日会っていた友人が解散の直前に「これに荷物まとめたら?」と差し出してくれたものでした。よく見ずに受け取ってしまったため、色すらうろ覚えでした。

f:id:fun-e:20170127175119j:plain

中身はこちら。

左は友人からのお土産で、中身はお茶です。自分で包装したらしく、手作り感あふれるリボンがかけられています。右は私が購入したハーブで、お店の名前も紙袋の色もしっかりと覚えていました。

f:id:fun-e:20170127175225j:plain

 

JR東日本 忘れ物問い合わせセンター

電話:050-2016-1601

時間:6:00~24:00

電車を降りた直後に忘れ物をしたことに気づき、電車の発車時刻、行き先、号車番号はすべて記憶しました。改札のお姉さんに事情を告げると、その場で調べた電車番号と問い合わせセンターの電話番号が書かれた紙を渡され、「終着駅に到着するまで回収は行わないので、明日以降に問い合わせするように」と教えていただきました。

 

1回目の問い合わせ

 

翌日午前10時ごろ

電車に関する情報は正確かつ詳細に伝えました。

忘れ物に関しては、内容物を具体的に説明し、紙袋は「たぶん紺か白だったと思います」と伝えました。

 

回答は

「現在上がっているデータをお調べしましたが、該当する物は見当たりませんでした」

とのことでした。

 

「まだデータが出そろっていませんので、いついつ以降に再度お問い合わせください」とは一言も言われませんでしたが、この回答を聞いて、「あ、早すぎたかな」と感じました。

 

2回目の問い合わせ

 

翌日午後17時ごろ

電車情報、内容物の情報は前回と同様に伝え、紙袋の色は考えれば考えるほど自信がなくなってきたので、「濃い色だったと思う」に変えてみました。

 

結果は…

「該当する区間のお忘れ物を調べましたが、お客様がお捜しの物は登録されていないようです」とのことでした。

 

そこで、前日の忘れ物データがシステムに登録される時間について尋ねてみました。

その方の話では、「通常、翌日の夕方には各駅での入力が完了し、ほぼすべてのデータが上がっているはずです」とのことでした。

 

「つまり、現時点でほぼ全て出そろっているということですか」と聞くと「その可能性が高いです」とおっしゃっていました。

 

 

 

でも私は、絶対に終着駅に保管されていると確信していました。

 

どう考えても、終電の網棚に載っている物を持ち帰って口に入れようという人なんていないですから。

無地の包装紙に包まれた得体の知れない物体なんて、駅員さんだって触りたくないはずです。

 

そんなものを持ち帰る人なんているはずがない!

私にとっては価値があるものだけれど、他人にとってはただの気持ち悪い不審物だ!

という妙な自信がありました。

 

だいたい網棚に載せるものってそうですよね。趣味で使う道具とか、スポーツの後の汗まみれのウェアとか…貴重品を載せる人はまずいません。

 

 

絶対にリストにあるはずだと確信していたものの、あまり頻繁に電話をするのはご迷惑なので、少し日を空けることにしました。また、前回は紙袋の色を誤って伝えたために、目的の物に至らなかったかもしれないので、曖昧な情報は一切伝えないようにしようと決めました。

 

 3回目の問い合わせ

 

5日目の正午12時

電車情報・内容物の情報は2回目と同様に伝え、紙袋を「色も柄も覚えていないんです」と伝えました。

すると今回は、小金井駅に「灰色の紙袋」が保管されているが中身が不明なため、小金井駅に照会してくださるとのこと。

そのまま数分待つと、「お捜しの物と条件が一致している」との嬉しい回答が。

 

保管期限が迫っていたのですぐに家を出て受け取りに行きました。せっかくなのでボックス席で小旅行気分を堪能。

f:id:fun-e:20170127220620j:plain

 

引き取り

小金井駅の遺失物引き渡し窓口は、1・2番線ホームにありました。

改札を出ずに引き取れるとは、なんともありがたいことです。

f:id:fun-e:20170127220752j:plain

 

係員さんに遺失物の特徴を告げると、係員さんは紙に印刷されたリストで捜し始めました。キーワードを入れて検索するものと思っていたら目視で捜すようでした。

 

私はここ数日、私の忘れ物がどのように記載されているのか、とても気になっていました。

引き取り確認書に印刷されていた、その内容はというと…

 

手提げ袋(紙製)

色:灰  Nobleと文字が書かれている

 

紙包装の箱

 

やはり紙袋の描写がメインだったようです。

そして、ちょっと衝撃だったのが、

私が有力な手がかりになるであろうと思っていた「en herb」の紙袋は、その存在すら記されていなかった

ことでした。

 

お問い合わせセンターの方が電話で詳細を照会するシステムなのかもしれませんが、それだと1件の応対に時間がかかり、センターの方の負担が大きいですし、遺失物リストをちらっと見たところ、かなり詳細に中身が記されているものもありました。入力した人の主観で判断しているのかなという印象を受けました。

 

 

忘れ物をした自分が悪いので、JRさんに文句を言うつもりは毛頭ないのですが、

内容物をもう少しだけ詳しく書けば、発見率が上がって、私のようなしつこい忘れ物王に何度も煩わされずに済むのではないかなと思いました。

 

参考になるかどうかわかりませんが、 

もし紙袋の持ち手同士がシールで留められて、がばっと開けないようになっていたら、それはその人が当日購入した物なので、ブランド名を覚えている可能性が高く、外袋のプリントを表記することは有効だと思います。

でも開いた状態の紙袋に雑多な物が入っていたら、それは出がけにストックの中から引っ張り出して使っているだけですから、記憶していないかもしれません。そういう場合は内容物に目を向けると有効なのではないかと。。。

 

忘れ物を確実に発見してもらうためには

 

忘れ物をした時点ですでに電鉄会社の方々にご迷惑をおかけしているので、最適なタイミングで的確に目的のものを釣り上げ、速やかに引き取りたいものだと思いまして、考えてみました。

 

1.急がば回れ。問い合わせは紛失した日の翌々日にする。

2.曖昧な記憶は伝えない。

3.見つからなければ、翌日時間帯を変えて1回だけ問い合わせてみる。

4.3を繰り返す。3日ほど問い合わせると保管期限が来るので、

  できるだけのことはやったと自分に言い聞かせて諦める。

 

0.外身(バッグ・紙袋類)の特徴をしっかり覚えておく。 

-1.忘れ物をしない。

  網棚に物を置いたら、降車時間に鳴るようアラームをかけておく。

 

最後になりましたが、JR東日本忘れ物お問い合わせセンターの皆さん、小金井駅の係員さん、どうもありがとうございました!